幹事の仕事:居酒屋等での二次会

居酒屋

sakerui

飲食の提供を生業とする業種や、それを営為とする店舗がある。
居酒屋は、そのうちのひとつである。飲食店には、さまざまな種類の店があるが、居酒屋はその中でも以下のような特徴を持っている。

提供されるのが、酒類を中心とした飲み物であること。食べ物としては、和食を基本とすること。店内の作り、全体の雰囲気は和風であること。
もちろん、これらの特徴というのは基本的な事柄であって、こうでなければならないというものではない。実際、居酒屋と呼ばれる店舗へ行ってみても一軒ごとにコンセプトに違いを見出すことも出来る。
個人営業の店やチェーン店など、種類が豊富なのも特徴のひとつである。

この種類の店は、仕事や行事ごとの打ち上げ、酒を交えた軽食、二次会などにも利用されるものである。
二次会の幹事となる人物は、さまざまな種類の店が存在する中、どのような居酒屋を選ぶのかというセンスが問われることになる。

酒類

アルコール飲料を提供する飲食店は、数多く存在している。高級料亭やレストラン、ファミリーレストランや定食屋、「カフェ」と呼ばれる種類に入る店にビールが置いてあることもある。
その中でも、居酒屋と呼ばれる種類の店に置かれているのは、和風のものであるというのが基本である。特に、昔ながらの「赤ちょうちん」や「縄のれん」などと呼ばれるタイプの、個人営業の店にその傾向は強い。

そのときの飲み物とは、たとえば日本酒であり焼酎である。
ただし、日本には「とりあえずの一杯」としてビールを飲む習慣が存在する。このことから、もともと洋酒ではあるが、一般的にビールはどこの店にも置いてある。

とはいえ、必ずしも和酒だけを置かなければならないという決まりがあるわけではない。チェーン店などには、洋酒もさまざまな種類のものをふんだんに置いているところも多い。

料理

izakaya

上述のように、居酒屋とは本来は「和風」ということを中心とした店を指すものであった。
そのため、当然そこで「肴」として出される料理もまた、和風のものが中心である。すなわち、この業種の店で出される料理は和食である、ということになる。

魚料理やおでん、串焼きや刺し身、枝豆といった和食風のものが多いが、酒類と同じように必ずしもそうと決まっているわけではない。
さらには、店で出す料理に特徴をもたせた居酒屋というものも存在している。焼き鳥を中心にした料理を売りにしている店などがそれに当たる。


イチ押しリンク

新宿でゆっくり過ごせる居酒屋ならココ|うどんダイニング するり