幹事の仕事:居酒屋等での二次会

個室の概要

izakaya2

個室とは、主に飲食店において顧客が他の目を気にせずに飲食や雑談ができるように設置された少数で座ることが出来る部屋である。
個室を利用するは、子ども連れの親や学生などさまざまである。
最近では居酒屋で個室を複数設置している所が増加しており、顧客に合わせ座敷の部屋やテーブルの部屋が用意されている。
また、店員を呼ぶ際には部屋それぞれに呼び出しボタンがあり、店員が各部屋へ行くというスタイルが確立されている。

個室の楽しみ

居酒屋が男の酒飲み場であったのは、ひと昔前の話しである。
今は、女性も会社帰りに女仲間と焼き鳥でいっぱい生ビールを飲んで帰りたい時代である。
会社の憂さ晴らしは個室でなければできるものではない。
また、お父さんはお母さんや子どもを連れて、家庭では味わうことができない雰囲気でいろいろな飲み物や食べ物を楽しみたいのだ。
こんな雰囲気は、大広間で隣の煩い話が飛び交う中では食事がまずくなるもので、個室でゆったりと楽しみたいのだ。

居酒屋の個室の規模

さすがに居酒屋で個室を頼んだとしてもその大きさは数名が入るほどである。
しかし、会社で歓迎会等をおこなう場合には、社員が全員入る規模の個室がある居酒屋を探すのは一苦労である。
そのような場合には、社員全員が入るぐらいの大きさのお店自体を貸し切りになる場合が多いのである。
元来、個室を選択する意味として、飲み会であっても社内の行事という意識が高く、会話の内容が外部のに漏れることがないようにという配慮の面が高いのである。