幹事の仕事:居酒屋等での二次会

もつ鍋について

nabe

もつ鍋とは福岡県福岡市周辺の郷土料理の1つであり、第二次世界大戦後にモツとニラをアルミ鍋で醤油味に煮込んだものがルーツとされる。
安価で提供される為、福岡では庶民の味として親しまれていたが、バブル崩壊後の1992年に東京でもつ鍋専門店が出来たのをきっかけに、一気に全国的なブームとなり一時はその影響でニラの価格が高騰した。
ブーム当時は専門店が数多く営業していたが、現在では居酒屋の1メニューとしても提供されており、より身近な料理となっている。

もつ鍋の楽しみ

もつ鍋には、居酒屋で注文して店員の助けを借りながら作り上げてつつく楽しみ方と自宅で材料を用意して自分たちで作る楽しみ方がある。
居酒屋では自分たちで一から十まで作る必要がないため、気軽に楽しむことができ、かつ仲間とのコミュニケーションを大いに交えて楽しめる。
自宅の場合には、自分のこだわりで一から作ることができる楽しみがある。
また、あらかじめ最低限の材料が入っているセットを使って即席で作ることもでき、そこにオリジナリティを加える楽しみがある。

もつ鍋の歴史

もつ鍋のルーツは福岡県福岡市にあり、第二次世界大戦後に朝鮮半島からの炭鉱労働者が、豚や牛の内蔵であるもつ肉をニラと共に醤油味で煮込んで調理したものに由来している。
その後、カツオや昆布で出汁をとり、キャベツや匂い消しのにんにくなども加えられるようになり、1990年代に関東でもつ鍋屋が開店すると全国に広く知られるようになった。
現在、福岡ではビールや焼酎にもよく合うことから居酒屋の定番メニューともなっている。